言葉の働く場所

松永澄夫 編

言葉を発すること、それは言葉を投げかけた相手に働きかけることだ。時に直截に時に潜在的に、人を動かし繋ぎまた惑わす言葉の力-その作用の在り方、効力、限界、危機の諸相を、経験の裏打ちのもと語り明かす、哲学者、神学者、精神医学者、作家、ジャーナリスト、メディア論者等、多分野、多彩な執筆陣。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 意味世界は価値世界である
  • 言葉への旅路
  • 絆を支えに自己はつくられる
  • サウンド・バイト・メディアは考える力を奪う
  • 「言葉は命」を実践したい
  • 神が私を知っている
  • 思考が言葉で変様するとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉の働く場所
著作者等 松永 澄夫
書名ヨミ コトバ ノ ハタラク バショ
書名別名 Kotoba no hataraku basho
出版元 東信堂
刊行年月 2008.12
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88713-873-5
NCID BA88606807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21532225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想