ペトロ

川島貞雄 著

パレスチナの北部、ガリラヤ湖の漁師であったペトロは、イエスの招きに応え、弟子となってイエスに従う。ローマ帝国のくびきからの同胞の解放とメシア王国の実現をイエスに期待したからであろう。愛と苦しみに満ちた十字架への道を歩むイエスを理解できず、イエスが逮捕されると、師との関係を否認してしまう。このペトロにとって、復活のイエスの顕現は否認の罪の赦し、驚くべき愛の啓示を意味したにちがいない。今やイエスの十字架の死は贖罪の死、その復活は死者を永遠の命に復活させる神の終末時の出来事としてとらえられた。ペトロは使徒としてこの出来事を同胞だけではなく、ユダヤ教律法の枠を越えて異邦人にも告げ知らせ、初期キリスト教の成立と発展の歴史において無比の役割を演じた。その道は人間の強さと弱さのなかでイエスを愛し、イエスに従う戦いの道であった。それはローマにおける殉教をもって終わる。新約聖書諸文書が呈する多様なペトロ像の背後に、このようなペトロの姿が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 活動の背景(ペトロの世界
  • イエスの弟子となるまで)
  • 2 イエスに従う(ガリラヤからエルサレムへ
  • エルサレムからローマへ
  • 殉教者として)
  • 補遺 新約聖書諸文書のペトロ像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペトロ
著作者等 川島 貞雄
書名ヨミ ペトロ
書名別名 Petoro
シリーズ名 人と思想 187
Century books 187
出版元 清水書院
刊行年月 2009.1
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-41187-9
NCID BA88601268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21622229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想