ユダヤ教・キリスト教・イスラームは共存できるか : 一神教世界の現在

森孝一 編

第1部では、トルコ、EUの他に、インドネシア、フランス、アメリカ、南アフリカにおける一神教において、「何が共存を妨げているのか」についての事例が紹介されている。第2部と第3部は、ユダヤ教、キリスト教、イスラームにそれぞれ深くコミットしている研究者による、各一神教において「共存を妨げているもの」についての分析と、それを踏まえての「共存に向けての考察」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界で何が起こっているか(ムスリム社会における世俗主義の不寛容-トルコのスカーフ問題から考える
  • ヨーロッパの統合とイスラーム-境界領域としてのトルコが直面する諸課題
  • イスラームと西欧近代科学とは共存可能か-進化論を中心として
  • 「テロリスト」の来歴-インドネシアにおける武装闘争派の思想と行動
  • フランス共和国を棄てるユダヤ人たち-フランス発、新しい「アリヤー」の動向
  • アメリカの原理主義における聖書理解-「聖書の無謬性」という主張
  • アパルトヘイト廃止後の南アフリカと宗教的原理主義-多元主義的国家における真正性の欲求)
  • 2 各宗教に見る共存の可能性(イスラームの理性主義と他者との共存-思想史の課題を考える
  • イスラームにおける共存を妨げるもの-カリフ制、「イスラームの家」の再興による共存の実現を目指して
  • ハンチントンの『文明の衝突』を読む-ユダヤ学と文明論の間で考える「共存」を妨げるもの
  • 生命、生態学、神学-神・人・宇宙的タオのエキュメニズムに向けて)
  • 3 他宗教との共存に向けて(二十一世紀のイスラームとキリスト教-対立か共存か
  • 「キリスト教世界」において何が共存を妨げてきたのか-「宗教の神学」の現状と課題
  • 現代世界における文化的共生と宗教の役割-イスラームの視点から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ教・キリスト教・イスラームは共存できるか : 一神教世界の現在
著作者等 同志社大学一神教学際研究センター
森 孝一
書名ヨミ ユダヤキョウ キリストキョウ イスラーム ワ キョウゾンデキルカ : イッシンキョウ セカイ ノ ゲンザイ
シリーズ名 明石ライブラリー 124
出版元 明石書店
刊行年月 2008.12
ページ数 372p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-2903-1
NCID BA88592699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21532389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想