中世民衆史研究の軌跡 : 佐藤和彦の歴史と学問

佐藤和彦 著 ; 佐藤和彦先生追悼文集刊行会 編

佐藤和彦氏(1937-2006)の歴史学を理解する上で欠くことのできない論文9編(単行本未収録)とエッセーを、1〜3部に編成し、4部には、84名からの追悼文を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 究(室町時代における守護の支配形態-東寺領備中国新見荘の場合
  • 内乱期社会と悪党問題-東大寺領大部荘・東寺領矢野荘を事例に
  • 南北朝内乱についてのノート-農民闘争史の視点から
  • 建武政権の史的性格
  • 京童ノ口ズサミ-「二条河原の落書」をめぐって
  • 古平瓦銘と御伽草子にみる室町期社会の一断面
  • 『太平記』の世界
  • 内乱期社会の諸闘争-情報蒐集をめぐって
  • 戦後中世史学の展開と課題)
  • 2 教(歴史学への招待
  • 緑深きときわ木の学舎
  • 生きる力とこれからの学校教育
  • 日本封建社会の諸問題-とくに時代区分の観点から
  • 南北朝内乱期の情報活動と歴史教育
  • 民衆史研究と歴史教育)
  • 3 想(愁い彷徨うのは誰か-日本中世の戦争と民衆
  • 中世鎌倉の都市問題
  • 元弘の乱と下野武士団-南北朝内乱史断章
  • 荘家の一揆の前史-闘争主体の形成
  • 僕の日記から
  • 「十三日講」事件との邂逅
  • 回想のサマー・セミナー
  • 歴研大会から学ぶ
  • 「内乱史研究会」発足のころ
  • 歴史についての断章)
  • 4 交(学舎を共にして
  • 東京学芸大学・帝京大学の同僚より
  • 学会活動を通じて
  • 教えに学んで
  • 様々な交流の環
  • 家庭での横顔
  • 学術雑誌等掲載の追悼文 書誌情報)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世民衆史研究の軌跡 : 佐藤和彦の歴史と学問
著作者等 佐藤 和彦
佐藤和彦先生追悼文集刊行会
書名ヨミ チュウセイ ミンシュウシ ケンキュウ ノ キセキ : サトウ カズヒコ ノ レキシ ト ガクモン
書名別名 Chusei minshushi kenkyu no kiseki
出版元 岩田書院
刊行年月 2008.12
ページ数 471p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-536-2
NCID BA88571779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21551038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想