ヘルダーリン研究 : 文献学的認識についての論考を付す

ペーター・ソンディ 著 ; ヘルダーリン研究会 訳

序論で方法論を述べたのち、第一部ではヘルダーリン後期讃歌の誕生を告げる作品と頂点をなす作品を分析。第二部では詩論をめぐる研究史批判と詩学構想の解明を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文献学的認識について
  • 別の矢-讃歌の後期様式の成立史に寄せて
  • かれその人、祝祭の王-讃歌『平和の祭り』
  • 擬古典主義の克服-一八〇一年一二月四日付ベーレンドルフ宛書簡
  • ジャンル詩学と歴史哲学-シラー、シュレーゲル、ヘルダーリンについての補説を付す
  • 付録『悲劇の意味』(本文と注解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルダーリン研究 : 文献学的認識についての論考を付す
著作者等 Szondi, Peter
ヘルダーリン研究会
ソンディ ペーター
書名ヨミ ヘルダーリン ケンキュウ : ブンケンガクテキ ニンシキ ニ ツイテ ノ ロンコウ オ フス
書名別名 Holderlin-Studien

Herudarin kenkyu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 901
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.1
ページ数 237, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00901-3
NCID BA88560422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21606040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想