ラムズフェルド : イラク戦争の国防長官

アンドリュー・コバーン 著 ; 加地永都子 監訳

ブッシュ政権でイラク戦争を主導したラムズフェルド米国防長官とは、いかなる政治家なのか?本書は、ペンタゴンのトップとして二度にわたり君臨し、武力外交を展開したネオコンのリーダーの実像を浮き彫りにし、米国政治、とりわけブッシュ政権の内幕を活写した力作。本書を読むとアメリカの政治、外交政策がいかに大企業と経済界の利権に左右されて動き、世界各地で戦争や悲劇をひき起こしているかがよくわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史をつくる
  • 第2章 冷酷な若造
  • 第3章 国防長官ラムズフェルド:前編
  • 第4章 甘い味
  • 第5章 政治その他もろもろのゲーム
  • 第6章 意見はバンパーステッカーに
  • 第7章 軍司令官
  • 第8章 戦争ゲーム
  • 第9章 押し入ってきた現実
  • 第10章 失墜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラムズフェルド : イラク戦争の国防長官
著作者等 Cockburn, Andrew
加地 永都子
コバーン アンドリュー
書名ヨミ ラムズフェルド : イラク センソウ ノ コクボウ チョウカン
書名別名 Rumsfeld
出版元 緑風
刊行年月 2008.12
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8461-0813-7
NCID BA88559707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想