「鎖国」という言説 : ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史

大島明秀 著

一八〇一年志筑忠雄訳『鎖国論』の訳出によって誕生した「鎖国」という言葉の東西両洋の受容の歴史を、ケンペルの原書にまで遡って、また国内外に伝存する九四点の写本の徹底究明を通じて明らかにする。今なお「日本人」を呪縛してやまないこの言説史研究の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「鎖国」言説の形成史か-本書の視座
  • 第1章 ケンペル論文の成立と十八世紀西洋における受容
  • 第2章 志筑忠雄訳『鎖国論』の成立とその背景
  • 第3章 近世後期日本における志筑忠雄訳『鎖国論』の受容
  • 第4章 近代日本における「鎖国」観の形成とその変遷
  • 第5章 戦後日本における「鎖国」言説
  • 結語 近世・近代における「鎖国」言説の形成史
  • 補論 志筑忠雄訳『鎖国論』の流布と写本構造の分析
  • 附録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「鎖国」という言説 : ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史
著作者等 大島 明秀
書名ヨミ サコク ト イウ ゲンセツ : ケンペル チョ シツキ タダオ ヤク サコクロン ノ ジュヨウシ
シリーズ名 人と文化の探究 5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.1
ページ数 496, 17p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05312-4
NCID BA88549907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想