島津久光=幕末政治の焦点

町田明広 著

時は、幕末がいまだ「政治の季節」であった文久期。幕府の権威が根底から揺らぎ、過激志士らの暴発に朝廷がおびえる中、その動向をもっとも注目された男こそ、島津久光であった。久光の指揮の下、小松帯刀、大久保一蔵、中山中左衛門、堀次郎ら、実力ある藩士たちが、京都の中央政局を舞台にして、幕末の行方を決定づける政争をくりひろげてゆく。史料を丹念に読みこみ、幕末政治史にあらたな光をあてる意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 久光体制の確立と上京政略
  • 第2章 錯綜するイデオロギー
  • 第3章 率兵上京と中央政局
  • 第4章 寺田屋事件の深層
  • 第5章 久光vs.京都所司代-朝廷での政争
  • 第6章 朔平門外の変-薩摩藩最大の危機
  • 第7章 八月十八日政変-首謀者は誰か?
  • 第8章 元治・慶応期の久光・薩摩藩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島津久光=幕末政治の焦点
著作者等 町田 明広
書名ヨミ シマズ ヒサミツ バクマツ セイジ ノ ショウテン
シリーズ名 講談社選書メチエ 431
出版元 講談社
刊行年月 2009.1
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258431-9
NCID BA88546002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21533349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想