〈歴史〉を創った秋田藩 : モノガタリが生まれるメカニズム

志立正知 著

日本各地で時代を超え、繰り返し行われてきた営み、「歴史」の創造…。本書は秋田を例にとりその秘密を探る。提示されるのは新たな「日本」像の探し方である。モノガタリはいかに生み出され、「伝承」を通して「歴史」へと機能するのか。歴史学と国文学という対立構造をこえ解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秋田の八幡太郎義家伝承を一覧する
  • 第2章 秋田にだけ伝わる『金沢安倍軍記』という特異な伝承作品
  • 第3章 モノガタリを紐帯とした領国支配の「戦略」-領民との新たな関係を構築する
  • 第4章 なおも拡大・変貌していく義家伝承-地域の事情が伝承を再編させていく
  • 第5章 「歴史」の創造へ-菅江真澄の地誌編纂に託されたもの
  • おわりに 歴史学・国文学という二項対立的発想を超えて考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈歴史〉を創った秋田藩 : モノガタリが生まれるメカニズム
著作者等 志立 正知
書名ヨミ レキシ オ ツクッタ アキタハン : モノガタリ ガ ウマレル メカニズム
書名別名 Rekishi o tsukutta akitahan
出版元 笠間書院
刊行年月 2009.1
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-305-70395-8
NCID BA88520643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21532595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想