芥川賞を取らなかった名作たち

佐伯一麦 著

第一回芥川賞選評で、「生活の乱れ」を指摘された太宰治。受賞の連絡を受け、到着した会場で落選を知らされた吉村昭。実名モデル小説を「興味本位で不純」と評された萩原葉子…。「私小説を生きる作家」として良質な文学を世に問い続ける著者が、芥川賞を逃した名作について、その魅力を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 太宰治「逆行」
  • 北條民雄「いのちの初夜」
  • 木山捷平「河骨」と小山清「をぢさんの話」
  • 洲之内徹「棗の木の下」
  • 小沼丹「村のエトランジェ」
  • 山川方夫「海岸公園」
  • 吉村昭「透明標本」
  • 萩原葉子「天上の花-三好達治抄-」
  • 森内俊雄「幼き者は驢馬に乗って」
  • 島田雅彦「優しいサヨクのための嬉遊曲」
  • 干刈あがた「ウホッホ探検隊」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川賞を取らなかった名作たち
著作者等 佐伯 一麦
書名ヨミ アクタガワショウ オ トラナカッタ メイサクタチ
シリーズ名 朝日新書 158
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.1
ページ数 244, 15p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273258-3
NCID BA88498657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想