ヒップホップはアメリカを変えたか? : もうひとつのカルチュラル・スタディーズ

S.クレイグ・ワトキンス 著 ; 菊池淳子 訳

ヒップホップは、保守的な文化や既存の体制に抵抗するムーブメントとして、その地位や評判を確立してきた。しかしヒップホップが巨大化するにつれて、闘うべき相手は他でもない"ヒップホップ自身"に変わっていった。爆発的な人気と経済的発展の裏で、ヒップホップの本当の精神、本当の目的とは何か、という問題をめぐり、内部で激しい論争が起こったからである…。ヒップホップの力とその未来を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜヒップホップは重要なのか?
  • ヒップホップが踏み出した第一歩
  • 第1部 ポップカルチャーにおけるヒップホップの闘い(90年代ポップスをまるごと飲み込むヒップホップ
  • 1998年はヒップホップ飛躍の年
  • 白人がヒップホップを支配する?
  • インターネット時代のヒップホップ)
  • 第2部 政治運動におけるヒップホップの闘い(大衆を動かせ
  • 若者は声を上げる
  • 「私たちの未来は、いま、ここにある!」
  • 「ヒップホップは私たちを愛してるの?」
  • アカデミズムの中のヒップホップ)
  • ヒップホップを超えろ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒップホップはアメリカを変えたか? : もうひとつのカルチュラル・スタディーズ
著作者等 Watkins, S. Craig
Watkins, Samuel Craig
菊池 淳子
Watkins S.Craig
ワトキンス S.クレイグ
書名ヨミ ヒップ ホップ ワ アメリカ オ カエタカ : モウ ヒトツ ノ カルチュラル スタディーズ
書名別名 Hip hop matters

Hippu hoppu wa amerika o kaetaka
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2008.12
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8459-0824-0
NCID BA8847164X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21581918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想