社会福祉研究の新地平

古川孝順 著

現在、未曾有の変化のなかにある日本の社会福祉研究は、それに対応した概念の再構築を求められている。さまざまな社会サービスと社会福祉との関係を分析し、常に研究の最前線で理論モデルを構築してきた著者による、新時代の社会福祉研究への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会福祉概念の再構築-L字型、そしてブロッコリー型へ
  • 第2章 社会福祉研究の方法-研究の内在的体系化を求めて
  • 第3章 社会福祉研究における理論と歴史-比喩としての「地図と地理」
  • 第4章 格差・不平等社会の社会福祉-多様な生活困難への包括的かつ個別的な対応
  • 第5章 社会福祉士の職域拡大-その前提としての論点整理
  • 第6章 社会福祉専門職の職務と養成問題-社会福祉士制度の将来展望
  • 第7章 社会福祉の外延的拡大と再構成-「福祉」と「福祉政策」をいかに理解するか
  • 第8章 社会福祉における現代-日本社会福祉のセカンドコーナー
  • 第9章 社会的養護と規制改革-変動する社会の児童養護施設
  • 第10章 社会福祉と人的資源開発-歴史の教訓に学ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉研究の新地平
著作者等 古川 孝順
書名ヨミ シャカイ フクシ ケンキュウ ノ シンチヘイ
書名別名 The new horizon of social welfare studies

Shakai fukushi kenkyu no shinchihei
出版元 有斐閣
刊行年月 2008.12
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-17354-5
NCID BA88459043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想