囲碁文化の魅力と効用

藁科満治 著

『源氏物語』には、囲碁の場面がいくつも出てくる。その場面は、あくまでも情感豊かで美しく描写され、読むものの心を切なくする。囲碁四〇〇〇年の歴史を振り返り、数多くの歴史上の人物が向き合い親しみ続けてきた、「囲碁文化の持つ魅力と奥深さ」に触れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「囲碁文化」の魅力
  • 第2章 「囲碁」の起源と歴史
  • 第3章 現代社会における「囲碁文化」を巡る動き
  • 第4章 政治家と囲碁
  • 第5章 「囲碁文化」の効用
  • 第6章 碁界は大転換期-再生に向けての道筋
  • 第7章 教養・感性教育に「囲碁文化」を活用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 囲碁文化の魅力と効用
著作者等 藁科 満治
書名ヨミ イゴ ブンカ ノ ミリョク ト コウヨウ
書名別名 Igo bunka no miryoku to koyo
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.12
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-58565-2
NCID BA88444170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21526188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想