再考・ノーマライゼーションの原理 : その広がりと現代的意義

ベンクト・ニィリエ 著 ; ハンソン友子 訳

施設の塀を除去し、障害者のおかれた状況をノーマルな状態に近づけたガイディング・スター(誘導する星)としてのノーマライゼーションの原理。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ノーマライゼーションの原理(1969年)
  • 第1章 背景
  • 第2章 ノーマライゼーションの原理に至る道程
  • 第3章 ノーマライゼーションの原理(2003年)
  • 第4章 統合について
  • 第5章 自己決定の権利(1972年)
  • 第6章 はっきりさせるために-ノーマライゼーションの原理のよくある誤解に対する批判
  • 第7章 ノーマライゼーションの原理の基本的な選択と論理
  • 第8章 平等の倫理について-一つのテーマでのバリエーション
  • 第9章 ノーマライゼーション、障害者政策と研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再考・ノーマライゼーションの原理 : その広がりと現代的意義
著作者等 Hansson, Tomoko
Nirje, Bengt
ハンソン 友子
ニィリエ ベンクト
書名ヨミ サイコウ ノーマライゼーション ノ ゲンリ : ソノ ヒロガリ ト ゲンダイテキ イギ
書名別名 Normaliseringsprincipen

Saiko nomaraizeshon no genri
出版元 現代書館
刊行年月 2008.12
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7684-3483-3
NCID BA88396373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21525371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スウェーデン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想