戦国武将の死生観

篠田達明 著

人生五十年の時代、戦国武将たちには謡曲『敦盛』の一節の如く「この世は夢幻の間」であり、生きている短い間よりも死後の長い時間を強く意識していた。武士の臨終は人生の終わりではなく、そこから始まる長い来世へのとば口。死に際はその門出を飾る大切な場だったのだ…彼らの信念、死にざまと関わりの深い疾病について、現代医学と照応しつつ実態を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三英傑 信長・秀吉・家康の死にざまと死生観
  • 第2章 病苦にあえいだ英雄たち
  • 第3章 この世に未練を残した武将たち
  • 第4章 下克上の梟雄たち
  • 第5章 切腹して果てた武将たちの執念
  • 第6章 老衰死した武将たちの高齢期
  • 第7章 夫におとらず厳しい道、戦国女性の覚悟
  • 第8章 戦国武将と女性たちのカルテ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国武将の死生観
著作者等 篠田 達明
書名ヨミ センゴク ブショウ ノ シセイカン
書名別名 Sengoku busho no shiseikan
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2008.12
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603626-2
NCID BA88373447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21528729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想