京阪神都市圏の重層的なりたち : ユニバーサル・ナショナル・ローカル

浅野慎一, 岩崎信彦, 西村雄郎 編

[目次]

  • 第1部 京阪神都市圏の生成と再編-広域的サバーバニゼーション
  • 第2部 圏域的な都市のなりたち-都市の個性的形成
  • 第3部 人の移動とナショナルなもの-「日本人」「半日本人」「非日本人」
  • 第4部 文化の求心と遠心-まなざしの交錯を通して
  • 第5部 都市ローカルの形成・衰退・再生
  • 第6部 都市の社会意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京阪神都市圏の重層的なりたち : ユニバーサル・ナショナル・ローカル
著作者等 岩崎 信彦
浅野 慎一
西村 雄郎
書名ヨミ ケイハンシン トシケン ノ ジュウソウテキ ナリタチ : ユニバーサル ナショナル ローカル
出版元 昭和堂
刊行年月 2008.12
ページ数 592p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-0854-0
NCID BA88364898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
GISを利用した京阪神大都市圏の圏域構成変化 妻木進吾
「田園文化都市」三田の都市的なりたちと矛盾 岩崎 信彦
コメモレイションとしての平安遷都紀念祭と平安神宮 小松秀雄
三田市の「町」と住民自治の展開 鯵坂学
三田市商店街の変容 藤井和佐
中国人技能実習生・研修生の人格形成と社会形成 トウ岩, 浅野 慎一
中国残留孤児の移動・生活とナショナル・アイデンティティ トウ岩, 浅野 慎一
京都らしさの社会システム 谷口浩司
京阪神都市圏の生成と再編 大阪都市圏における住宅地域の形成 西村 雄郎
人の移動とナショナルなもの 阪神都市圏における流入労働者の「定住」 西村 雄郎
圏域的な都市のなりたち 大阪の都市化と芝居町「道頓堀」の変容 三宅香織
地域ガバナンスとコミュニティ意識 小松秀雄, 杉本久未子, 立木茂雄, 鰺坂学, 岩崎 信彦, 西村 雄郎
地域社会と観光 河野健男
大都市周縁部における流入と定着 西田芳正
大阪市猪飼野における在日韓国・朝鮮人と日本人の交流 二階堂裕子
文化の求心と遠心 京都への納骨習慣と無縁墓 高木正朗
木賃住宅密集地域の形成と「再生」への課題 西村 雄郎
歴史的町並み保存と地域づくり 武田祐佳
滋賀県における工業化の展開と産業廃棄物処理場の建設問題 湯浅俊郎
篠山市の同郷団体と「郷土」意識 奥井亜紗子
自治体合併と篠山市 森裕亮
過疎地のブラジル人労働者と「都市のなりたち」 今井博, 浅野 慎一
郊外の形成 山本賢治, 松田敦志
都市と農村の文化交錯 濱田琢司
都市の社会意識 大学生の政治 広畑千春, 浅野 慎一
都市ローカルの形成・衰退・再生 姫路市の展開と町内会 奥村弘
都心における街路の「若者化」 大城直樹
里山を保全する 杉本久未子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想