死生学  2

熊野 純彦;下田 正弘【編】

[目次]

  • 1 他界へのまなざし(「現前」する他界-なお傍らに在る他の世界をめぐって
  • 日本古代の他界観
  • 死と他界
  • 生まれて愛して死んでゆく、なんの不服があろうか-生の意味の根底を求めて
  • 死と死者への感受の道
  • 時の流れを越えた場に向かって-死に直面する人間の希望)
  • 2 宗教が照らしだす死と生("われわれ"と"わたし"-統合失調症にみる「死者と生者の共同性」
  • 「擬生と擬死」からの甦り-エヒイェロギア的視点と物語り論的視点
  • クルアーンの他界観-死をはさむ二つの生
  • 死生学から見た中国出土資料-「死者性の転倒」について
  • 死生の位相転換-鎮魂慰霊を超えて
  • 生と死の反照を超えて-「行為の倫理」への試論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死生学
著作者等 下田 正弘
熊野 純彦
書名ヨミ シセイガク
書名別名 死と他界が照らす生

Shiseigaku
巻冊次 2
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.12
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-014122-2
NCID BA88342716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想