「生きづらさ」を超える哲学

岡田尊司 著

親との折り合いが悪い人、いわれのない不安に悩む人、心に空虚感を抱えている人、自分が何者かわからない人、生きる意味が見つからない人…。「生きづらさ」を抱える人が増えている。死を意識してしまうほどの過酷な危機に直面したとき、人はいかに生きることができるのか?「生きづらさ」を超える叡智とは何か?ショーペンハウアー、ヘッセ、モーム、ウィトゲンシュタインらの生き方を例に、学問としての哲学ではなく、現実の苦難を生き抜くための哲学を、著者自身の豊富な臨床経験を通して描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 親と折り合いが悪い人に
  • 第2章 いわれのない不安に悩む人
  • 第3章 心に空虚感を抱えている人に
  • 第4章 「絆」に縛られている人に
  • 第5章 自分が何者かわからない人に
  • 第6章 生きる意味が見つからない人に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「生きづらさ」を超える哲学
著作者等 岡田 尊司
書名ヨミ イキズラサ オ コエル テツガク
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2008.12
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-70543-9
NCID BA88336214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21536406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想