シュメル神話の世界 : 粘土板に刻まれた最古のロマン

岡田明子, 小林登志子 著

いまから五千年前にティグリス、ユーフラテス河畔に栄えた人類最古の都市文明シュメル。粘土板には多くの神話が残され、ギルガメシュ叙事詩や大洪水伝説など、後世に伝えられたものも多い。これらの神話の世界では、酔っ払う大神、死後の国を覗こうとする女神、蛮族を征服する王、怪獣など、様々なキャラクターがいきいきと活躍している。代表的な神話のストーリーを紹介し、神神の役割や性格、舞台背景などを詳説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 粘土板に書かれた物語-シュメル神話の基礎知識
  • 第1章 「創世神話」-人間はなぜ創造されたか
  • 第2章 神々が送る大洪水の物語-伝説はシュメルにはじまる
  • 第3章 「楽園神話」と農耕牧畜比較論
  • 第4章 シュメル世界の規範「メ」と神々の聖船
  • 第5章 エンリル神とニンリル女神の性的ゲーム-成人向け神話
  • 第6章 大地母神と死んで復活する神-イナンナ女神冥界降下顛末記
  • 第7章 大王エンメルカルと「小さな王」ルガルバンダ
  • 第8章 『ギルガメシュ叙事詩』成立縁起-ビルガメシュ神の英雄譚
  • 第9章 王による王のための神話-英雄神の怪物退治
  • 終章 大河のほとりで-シュメル人国家の終焉とその後の伝承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュメル神話の世界 : 粘土板に刻まれた最古のロマン
著作者等 小林 登志子
岡田 明子
書名ヨミ シュメル シンワ ノ セカイ : ネンドバン ニ キザマレタ サイコ ノ ロマン
書名別名 Shumeru shinwa no sekai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.12
ページ数 332p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101977-6
NCID BA88334183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21546869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想