分析手法の最前線 : 新しい地平をひらく

北森武彦 編

[目次]

  • 1部 座談会(分析化学がゆく!-サイエンスのこれからを担って)
  • 2部 分離の最前線(超音波による粒子分離
  • 最新のメタボローム測定法の開発と生命科学への応用 ほか)
  • 3部 分子プローブのフロンティア(細胞内のシグナル伝達を可視化する蛍光プローブ
  • MRI用センサー分子の分子設計・化学合成 ほか)
  • 4部 分光・検出の最先端(微生物機能を利用したマイクロバイオチップの開発
  • 分析システムの集積化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分析手法の最前線 : 新しい地平をひらく
著作者等 北森 武彦
書名ヨミ ブンセキ シュホウ ノ サイゼンセン : アタラシイ チヘイ オ ヒラク
シリーズ名 化学フロンティア 20
出版元 化学同人
刊行年月 2009.1
ページ数 195p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7598-0750-9
NCID BA88333996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21615070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想