平家物語を読む

川合康 編

平氏の栄華と滅亡を描く『平家物語』。平氏権力や合戦の描写から、その虚像と実像を解明。後世への影響など、複眼的に物語の魅力を捉える。歴史・文学研究の最新の成果が織りなす、新しい『平家物語』の読み方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平家物語とその時代(平家物語諸本が語る歴史
  • 平清盛の国政関与と「鹿ヶ谷事件」:治承・寿永の内乱の諸段階
  • 戦乱と民衆)
  • 1 史実と古典(平家物語の成立
  • 平家一門の実像と虚像
  • 合戦空間の創出
  • 屋島・壇ノ浦合戦と源義経)
  • 2 構想と世界観(平家物語の構想
  • 内乱の展開と「平家物語史観」
  • 東アジア仏教世界と平家物語)
  • 3 平家以後(平家物語と在地伝承-平家物語の内と外
  • 平家物語と芸能
  • 源平合戦図屏風の世界-一の谷・屋島合戦図屏風を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語を読む
著作者等 川合 康
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ オ ヨム
シリーズ名 平家物語
歴史と古典
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.1
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07157-4
NCID BA88332982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21526300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想