福祉と正義

アマルティア・セン, 後藤玲子 著

本書は経済学の落とし子です。ただし、福祉はひとの善き在りよう(well‐being)の実現を希求し、正義はその実現のあり方を問います。福祉と正義は、エコノミック・シンキング(経済学的思考)のさらなる展開と、その細心かつ大胆な転回を要求するでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アマルティア・セン-近代経済学の革命家
  • 1 個人の権利と公共性(民主主義と社会的正義-公共的理性の到達地点
  • "自由への権利"再考)
  • 2 正義の条件-義務と相互性(帰結的評価と実践理性
  • 正義と公共的相互性-公的扶助の根拠)
  • 3 正義の位相(開かれた不偏性と閉ざされた不偏性
  • ローカル正義・グローバル正義・世代間正義)
  • 福祉と正義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉と正義
著作者等 Sen, Amartya
後藤 玲子
Sen Amartya K.
セン アマルティア
書名ヨミ フクシ ト セイギ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.12
ページ数 299, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-010110-3
NCID BA88323879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想