オリエンタリストの憂鬱 : 植民地主義時代のフランス東洋学者とアンコール遺跡の考古学

藤原貞朗 著

ルイ・ドラポルト、エミール・ギメ、ルイ・フィノ、ポール・ペリオ、アンリ・パルマンティエ、ジョルジュ・グロリエ、アンリ・マルシャル、ジョゼフ・アッカン、アルフレッド・フーシェ、ルネ・グルセ、フィリップ・ステルヌ、ジョルジュ・セデス、ヴィクトル・ゴルベフ、アンドレ・マルロー…彼らはアジアから何を持ち去ったのか。植民地主義時代のフランス東洋学者とアンコール遺跡の考古学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 パリの国立アジア美術館とアンコール遺跡の近代考古学史
  • 第1章 ルイ・ドラポルトとアンコール遺跡復元の夢
  • 第2章 フランス極東学院の創設とその政治学
  • 第3章 本国の理念と植民地の実践のはざまで(1)-現地調査員の現実
  • 第4章 本国の理念と植民地の実践のはざまで(2)-メトロポールの発展
  • 第5章 アンコール考古学の発展とその舞台裏(1)-考古学史の中のマルロー事件
  • 第6章 アンコール考古学の発展とその舞台裏(2)-現地の混乱とメトロポールの無理解
  • 第7章 パリ国際植民地博覧会とアンコール遺跡の考古学
  • 第8章 アンコール遺跡の考古学史と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエンタリストの憂鬱 : 植民地主義時代のフランス東洋学者とアンコール遺跡の考古学
著作者等 藤原 貞朗
書名ヨミ オリエンタリスト ノ ユウウツ : ショクミンチ シュギ ジダイ ノ フランス トウヨウガクシャ ト アンコール イセキ ノ コウコガク
出版元 めこん
刊行年月 2008.11
ページ数 582p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8396-0218-5
NCID BA88320531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想