認知と感情の心理学

高橋雅延 著

私たちは日々、膨大なものごとを認知している。喜怒哀楽につながるものもあれば、感情も伴わず記憶にすら残らないものもある。認知と感情には、どのような関係があるのだろうか。記憶はどう処理されるのか。そして、問題解決と意思決定のながれとは、基礎から最新の脳科学や進化心理学の知見まで、豊富な事例で紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 認知と感情を学ぶということ
  • 1 感情の基礎
  • 2 注意と意識
  • 3 短期記憶と長期記憶
  • 4 自伝的記憶と潜在記憶
  • 5 知識と表象
  • 6 言語理解と言語産出
  • 7 問題解決と意思決定
  • 8 認知と感情の心理学の新しい流れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知と感情の心理学
著作者等 高橋 雅延
書名ヨミ ニンチ ト カンジョウ ノ シンリガク
シリーズ名 心理学入門コース 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.12
ページ数 252p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-028112-6
NCID BA88303598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想