金融商品とどうつき合うか : 仕組みとリスク

新保恵志 著

アメリカ発金融危機の影響が瞬く間に世界に広がり、地道に働く庶民にとって、将来不安は募るばかり。そんななか、金融トラブルに巻き込まれる人があとを絶たない。被害に遭わないために、まずどんな知識が必要か。そもそも普通の人々にとって「投資」とは何なのか。原点に立ち返り、「リスク」を見据えることから考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界の金融危機、身近な金融リスク(世界金融危機
  • 身近に存在する金融被害 ほか)
  • 第2章 金融リテラシーの時代(金融トラブルに巻き込まれないために
  • 米国の金融教育 ほか)
  • 第3章 金融知識を身につける(債券の基礎
  • 格付けの落とし穴 ほか)
  • 第4章 金融商品を見分ける(債券投資-危険な高利回り債
  • 仕組み預金 ほか)
  • 第5章 社会人のための金融教育(体系的な金融教育の必要性
  • 大学生の金融知識 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融商品とどうつき合うか : 仕組みとリスク
著作者等 新保 恵志
書名ヨミ キンユウ ショウヒン ト ドウ ツキアウカ : シクミ ト リスク
書名別名 Kin'yu shohin to do tsukiauka
シリーズ名 岩波新書 新赤版1165
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.12
ページ数 206, 2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431165-2
NCID BA88290645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想