人間 : その性質と世界の中の位置

アーノルト・ゲーレン 著 ; 池井望 訳

自分とは何か?なぜ、人は人殺しをしてはいけないのか?なぜ、社会にノブレス・オブリージュが必要なのか?に答える最も科学的な人間論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(生物学的な特殊問題としての人間
  • 序列図式の否定 ほか)
  • 第1部 形態学から見た人間の特異な位置(器官の原始性
  • ボルクとその類似の理論 ほか)
  • 第2部 知覚、運動、ことば(相互作用に見られるフィードバック過程
  • フィードバック過程の発展 ほか)
  • 第3部 衝動法則、人格、精神問題(衝動理論の否定
  • 二つの衝動法則、ヒアトゥス(すき間) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間 : その性質と世界の中の位置
著作者等 Gehlen, Arnold
池井 望
ゲーレン アーノルト
書名ヨミ ニンゲン : ソノ セイシツ ト セカイ ノ ナカ ノ イチ
書名別名 Der mensch
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.12
ページ数 432p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1380-7
NCID BA88290113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21564738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想