クメール陶器の研究

田畑幸嗣 著

カンボジア・アンコール時代における窯業の成立と展開。クメール陶器研究の基準資料構築を目指した生産地における実証的基礎研究と出土資料を中心とした製陶技術研究をもとに、アンコール地域における窯業技術体系を明らかにし、東南アジア窯業史のなかにクメール陶器を位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 クメール陶器研究の現状と課題
  • 第1章 クメール陶器研究史
  • 第2章 アンコールの地理的・歴史的背景
  • 第3章 クメール陶器窯の分布と築窯技術
  • 第4章 タニ窯跡出土遺物の分析
  • 第5章 クメール窯業の技術体系
  • 終章 アンコール朝における窯業の成立と展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クメール陶器の研究
著作者等 田畑 幸嗣
書名ヨミ クメール トウキ ノ ケンキュウ
書名別名 A study of Khmer ceramics
出版元 雄山閣
刊行年月 2008.11
ページ数 196p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-639-02067-7
NCID BA88285951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21604708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想