鴨長明とその周辺

今村みゑ子 著

歌人であり、歌論・随筆・説話のシャンルで著作を残し、また音楽家でもあった長明であるから、作品論・思想論・長明伝等、多岐にわたる研究が蓄積され続けている。しかしながら、研究の現在においてなお、不分明な部分や看過されてきた部分は多い。また、多岐にわたるが故に、個々の研究においては、必ずしも根底に長明という視点を必要としない研究も多い。本書は根底に長明論を据え、不分明な部分や看過されてきた部分を含めて各論を成したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 鴨長明(長明とその作品
  • 長明の数寄と仏道)
  • 第2部 その周辺(藤原定家
  • 周辺の人と文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鴨長明とその周辺
著作者等 今村 みゑ子
書名ヨミ カモ ノ チョウメイ ト ソノ シュウヘン
シリーズ名 研究叢書 382
出版元 和泉書院
刊行年月 2008.12
ページ数 628p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0493-3
NCID BA88280801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21537555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想