アーレントとティリッヒ

アルフ・クリストファーセン, クラウディア・シュルゼ 編著 ; 深井智朗, 佐藤貴史, 兼松誠 訳

両者の往復書簡を通して、1940年代ドイツ論争(エミール・ルートヴィッヒ論争)の本質に迫る。また、アーレントの友人であり、ティリッヒの秘書にして愛人でもあったヒルデ・フレンケルを含む複雑な人間関係をも活写した亡命知識人たちの生活史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 スキャンダルの年代記-ハンナ・アーレントとパウル・ティリッヒ(アーレントとティリッヒ、あるいは「スキャンダルの年代記」
  • ニューヨークの亡命ユダヤ人たち、あるいは「ドイツ論争」史
  • ヒルデ・フレンケルをめぐるアーレントとティリッヒ)
  • 第2部 ハンナ・アーレントとパウル・ティリッヒの往復書簡および関連文書(収録した資料について
  • ハンナ・アーレントとパウル・ティリッヒの往復書簡
  • 関連文書)
  • 第3部 仮面と実存-パウル・ティリッヒについて(はじめに-アーレントを読む人のためのティリッヒ
  • 神学者パウル・ティリッヒの脱神話化
  • ティリッヒとは誰か
  • ティリッヒの思想と特徴-体系と越境
  • ティリッヒをめぐる女性たち、あるいは創造とエロティックなもの
  • さらにティリッヒを知るために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーレントとティリッヒ
著作者等 Christophersen, Alf
Christophersen, Claudia
佐藤 貴史
兼松 誠
深井 智朗
Schulze Claudia
シュルゼ クラウディア
クリストファーセン アルフ
書名ヨミ アーレント ト ティリッヒ
書名別名 Hannah Arendt und Paul Tillich

Arento to tirihhi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 904
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.12
ページ数 188, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00904-4
NCID BA88273759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想