職場におけるストレス構造 : 活力ある職場を創造するために

メンタルヘルス研究会 編著

ストレスが見えなければ、ストレスと上手に付き合うことも、ストレス対策を講じることも、ストレス関連疾患(精神障害など)を防止することもできません。ストレスが見えるようになるためには、事前にストレスについて学習しておく必要があります。本書はメンタルヘルス対策の入門書として、また精神医学の入門書として、全業種を対象に職場の実態をストレス視点で解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに
  • 1 職場におけるストレスとストレス要因
  • 2 私生活におけるストレスとストレス要因
  • 3 精神障害を発症する人の割合
  • 4 メンタルヘルス不全者に気づくためには
  • 5 メンタルヘルス不全がもたらす職場の損失
  • 6 ストレス関連疾患
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 職場におけるストレス構造 : 活力ある職場を創造するために
著作者等 メンタルヘルス研究会 (2004年)
メンタルヘルス研究会
書名ヨミ ショクバ ニ オケル ストレス コウゾウ : カツリョクアル ショクバ オ ソウゾウスル タメニ
出版元 労働新聞社
刊行年月 2006.6
ページ数 73p
大きさ 26cm
ISBN 4897612829
978-4-89761-282-9
NCID BA88253988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想