相互依存のグローバル経済学 : 国際公共性を見すえて

阿部清司, 石戸光 著

[目次]

  • 第1部 貿易における相互依存(グローバルな相互依存
  • 自由貿易による相互利益
  • 貿易、投資、雁行形態、空間経済学
  • 貿易政策と経済統合)
  • 第2部 金融における相互依存(国際収支と国民所得-理論と実際
  • 外国為替と国際通貨
  • 国際金融とグローバリゼーション)
  • 第3部 経済開発における相互依存(南北問題の歴史と変貌(1980年代までの傾向)
  • 人間中心の経済開発(1990年代以降の傾向)
  • IT革命と経済社会の変化
  • 経済学と国際公共哲学)
  • 第4部 総括(グローバリゼーションの光と影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相互依存のグローバル経済学 : 国際公共性を見すえて
著作者等 石戸 光
阿部 清司
書名ヨミ ソウゴ イソン ノ グローバル ケイザイガク : コクサイ コウキョウセイ オ ミスエテ
出版元 明石書店
刊行年月 2008.12
ページ数 420p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7503-2889-8
NCID BA88229859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21528497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想