文学地図 : 大江と村上と二十年

加藤典洋 著

「大江か村上か」から「大江と村上」へ。1980年代後半以降、なぜ二人の評価をめぐって日本の文学地図は二分されたのか?2006〜2008年の朝日新聞文芸時評をはじめ、ポスト昭和=平成の20年間、各紙に断続的に掲載された全文芸時評を収録。両者の関係を追尾、二人の初期作品の近似を明らかにし、新しい日本文学の基軸を提示する。また、いま文学の内と外で何が起こっているのか?2004年以降頻出する「親殺し」を予見したかのような、互いに酷似する「親殺し」の小説とマンガ-沢木耕太郎『血の味』、村上春樹『海辺のカフカ』、岩明均『寄生獣』に新概念である「関係の原的負荷」の露頭を見、小説でなぜいま「主人公」の「一」という単位が壊れ、現実でなぜいま「子」という存在論的様態が壊れなければならないか、その背景の構造を読み解く、待望の本格文芸評論集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学地図 : 大江と村上と二十年
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ ブンガク チズ : オオエ ト ムラカミ ト ニジュウネン
書名別名 Bungaku chizu
シリーズ名 朝日選書 850
出版元 朝日新聞
刊行年月 2008.12
ページ数 411, 5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259950-6
NCID BA88200948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21536483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想