漢字の文明仮名の文化 : 文字からみた東アジア

石川九楊 著

[目次]

  • 第1章 古代日本(孤島)の姿(アジアの中での孤島の位置
  • 孤島に住んでいた人間・語られていたことば ほか)
  • 第2章 「うるわしき瑞穂の国」はなかった(「まず、宣長から疑え!」
  • 国粋主義を再生産する「女手(平仮名)」の思想 ほか)
  • 第3章 日本語・日本人・日本の成立(白村江の敗戦と日本の独立
  • 「写経」は国家的な識字運動だった ほか)
  • 第4章 東アジアとは何か(東アジアに文字が生れた-古代宗教文字の誕生
  • 始皇帝がつくった東アジア ほか)
  • 第5章 亡命者の国・日本と平和憲法(過酷な政治から逃れてきた人々が作った国
  • 人類の叡智の結晶-平和憲法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の文明仮名の文化 : 文字からみた東アジア
著作者等 石川 九楊
「中国文化百華」編集室
書名ヨミ カンジ ノ ブンメイ カナ ノ ブンカ : モジカラ ミタ ヒガシアジア
シリーズ名 図説・中国文化百華 第1巻
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2008.12
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-02042-1
NCID BA88186654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21527259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想