数学の花束

中村滋 著

2000年前の定理に、数学者の思いもよらない新証明を考えついた数学愛好家、新しい素数を次々と発見する高校生。数学の美しさは、専門家だけが登れる険しい山道の先にあるだけではない。野に咲く花を見つける楽しみは誰でも味わえる。さあ、あなたもロマンあふれる数学の花旅にでかけてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『博士の愛した数式』をめぐる花旅
  • 2 素数の大山脈のお花畑をめぐって
  • 3 人類が最も愛した数、円周率π
  • 4 狭すぎた余白の波紋
  • 5 ピュタゴラスの定理4000年の輝き
  • 6 一筆書きの楽しさ
  • 7 私達の世界にこんな簡明な法則が!
  • 8 地図は4色で塗り分け可能か?
  • 9 フィボナッチ数の楽しみ
  • 10 花の正体:数学とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の花束
著作者等 中村 滋
書名ヨミ スウガク ノ ハナタバ
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-005531-4
NCID BA88186111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想