農協の存在意義と新しい展開方向 : 他律的改革への決別と新提言

小池恒男 編著

農業とその基盤である地域社会の崩壊を前に、農協は歴史的転換点を迎えている。地域農業のセーフティネットの維持・構築と、地域社会のライフラインの確保・強化とを軸に、社会・経済システムとしての農協の進むべき道を拓く。他律的に行われてきた農協改革に対する徹底した批判と、主体的改革に向けた建設的提案を導く、気鋭の研究者による提言の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本書で明らかにしたいこと
  • 第1部 農協の基底条件の変化と農協の対応課題(現代社会の特質と協同組合運動の役割-「地域社会への関与」の観点から
  • 農村地域社会の変容と農協の果たすべき役割-公益性と共益性の視点から
  • 組合員構成の変化と農協の目的、ガバナンス
  • 農協の総合事業の経営管理)
  • 第2部 農協の事業革新のための戦略的課題(農協革新と指導事業の役割-農協の総合事業を規定している指導事業
  • 経済事業改革の評価と改革課題
  • JAバンクシステム下の系統信用事業の特質と展望-主に事業収益構造の分析から
  • 事業基盤の構造変化に対応した共済事業戦略)
  • 第3部 農協の組織改革の戦略的課題(広域合併農協づくりの基本課題と県単一農協
  • 連合会再編の到達点と課題-経済関係事業と金融関係事業の相克をいかに捉えるか
  • トップマネジメント体制の確立・強化の方法
  • 中央会制度の変質と運動センター機能再構築の方向-「基本方針」にみる「自治」と「官治」)
  • 本書の総括と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農協の存在意義と新しい展開方向 : 他律的改革への決別と新提言
著作者等 小池 恒男
書名ヨミ ノウキョウ ノ ソンザイ イギ ト アタラシイ テンカイ ホウコウ : タリツテキ カイカク エノ ケツベツ ト シンテイゲン
出版元 昭和堂
刊行年月 2008.12
ページ数 343, 6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-0856-4
NCID BA88185447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21529119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想