ゴダール・マネ・フーコー : 思考と感性とをめぐる断片的な考察

蓮實重彦 著

[目次]

  • 絶対の貨幣
  • 『(複数の)映画史』におけるエドワール・マネの位置
  • マネからアウシュヴィッツまで
  • 鏡とキャメラ
  • フィルムと書物
  • マネとベラスケスまたは「画家とモデル」
  • 「肖像画」の前で
  • 声と文字
  • 偶然の廃棄
  • 複製の、複製による、複製性の擁護
  • 理不尽な楽天性と孤独
  • 旅人の思索

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴダール・マネ・フーコー : 思考と感性とをめぐる断片的な考察
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ ゴダール マネ フーコー : シコウ ト カンセイ ト オ メグル ダンペンテキナ コウサツ
書名別名 Jean-Luc Godard,Edouard Manet,Michel Foucault

Godaru mane fuko
出版元 NTT
刊行年月 2008.11
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-4201-5
NCID BA88165916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21521588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想