要点解説設計者のためのプラスチックの強度特性

本間精一 著

プラスチックの設計や割れトラブルについて、基本的考え方を中心に、プラスチックの設計で是非知ってほしいことを「ポイント」の項にまとめ、詳しい考え方は「Q&A」でまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 強度と限界を知ろう
  • 2 活用のための基本的性質を知ろう
  • 3 活用時に役立つ力学的性質とは
  • 4 クラック現象を解明しよう
  • 5 環境条件による劣化を知ろう
  • 6 成形時の劣化原因を探ろう
  • 7 残留ひずみの悪さを知ろう
  • 8 寿命を予測しよう
  • 9 破損原因の究明と対策をどう進めるか
  • 10 製品設計のための要点
  • 11 プラスチック成形品の割れトラブルを解消するには

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 要点解説設計者のためのプラスチックの強度特性
著作者等 本間 精一
書名ヨミ ヨウテン カイセツ セッケイシャ ノ タメ ノ プラスチック ノ キョウド トクセイ
書名別名 Yoten kaisetsu sekkeisha no tame no purasuchikku no kyodo tokusei
出版元 工業調査会
刊行年月 2008.11
ページ数 187p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7693-4221-2
NCID BA88163637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21596141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想