閉ざされた海 : 中納言秀家夫人の生涯

中里恒子 著

前田利家の四女に生まれ、大閤秀吉の養女となった豪姫は、幼馴染の若き武将・宇喜多秀家に嫁ぎ、その前半生は、幸せに満ちていた。しかし、関ケ原の戦いに敗れ、秀家は、孤島八丈島に流され、お豪はひとり加賀の地に移り住んだ。「もうこれ以上の底はない」二人の永い埋れ木の日々が始まる…。戦乱の世の男女の悲運と愛の絆を哀切に描き、その孤独の時間の中に、人間の幸福、人生の意義を追求した長篇歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 閉ざされた海 : 中納言秀家夫人の生涯
著作者等 中里 恒子
書名ヨミ トザサレタ ウミ : チュウナゴン ヒデイエ フジン ノ ショウガイ
書名別名 Tozasareta umi
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.12
ページ数 383p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290034-8
NCID BA88145861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21520379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想