糸と痕跡

カルロ・ギンズブルグ 著 ; 上村忠男 訳

真実の歴史を物語ることはいかにして可能か。フィクションと真実のあいだにある、偽って真実であると見せかけている歴史的素材を丹念に解きほぐす全6編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1‐1 描写と引用
  • 1‐2 パリ、一六四七年-作り話と歴史についてのある対話
  • 2‐1 寛容と交易-アウエルバッハ、ヴォルテールを読む
  • 2‐2 冷厳な真実-歴史家たちへのスタンダールの挑戦
  • 3‐1 細部、大写し、ミクロ分析-ジークフリート・クラカウアーのある本に寄せて
  • 3‐2 ミクロストリア-彼女についてわたしの知っている二、三のこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糸と痕跡
著作者等 Ginzburg, Carlo
上村 忠男
ギンズブルグ カルロ
書名ヨミ イト ト コンセキ
書名別名 Il filo e le tracce

Ito to konseki
出版元 みすず書房
刊行年月 2008.11
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07436-6
NCID BA88141044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21519271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想