家族機能のアセスメント法 : FFFS日本語版1の手引き

法橋尚宏 編著

FFFSは家族看護学研究者によって1982年に開発された自記式の家族機能尺度であるという特徴があり、さまざまな言語に翻訳され、わが国を含めて多国で利用されている。FFFS日本語版1は、多くの研究者・教育者・臨床家、そして大学院生・学部学生に利用されてきた。一方で、一部の論文でFFFSの誤用が散見されており、とくに初めての利用者から手引きの単行本化が待望されていた。そこで、本書では、過去の利用者からの疑問や質問を分析した上で、FFFS日本語版1のスコアリングの方法を中心に解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 Overview of Feetham Family Functioning Survey(FFFS)
  • 第1章 「家族機能学」の確立と用語の操作的定義
  • 第2章 FFFS日本語版1の構成と内容
  • 第3章 FFFS日本語版1を用いた調査の実施
  • 第4章 スコアリングの方法
  • 第5章 スコアリングとアセスメントにあたっての留意点
  • 第6章 自由回答型質問の内容分析
  • 第7章 家族機能のアセスメントの実例
  • 第8章 FFFS日本語版1の使用許諾

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族機能のアセスメント法 : FFFS日本語版1の手引き
著作者等 Feetham, Suzanne
法橋 尚宏
Feetham Suzanne L.
フィータム スザンヌ・L.
平谷 優子
本田 順子
書名ヨミ カゾク キノウ ノ アセスメントホウ : FFFS ニホンゴバン 1 ノ テビキ
書名別名 A method for assessment of family functioning
出版元 EDITEX
刊行年月 2008.9
ページ数 55p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-903320-03-8
NCID BA88139665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想