困難な自由 : 増補版・定本全訳

エマニュエル・レヴィナス 著 ; 合田正人 監訳 ; 三浦直希 訳

600万のユダヤ人殲滅という歴史の災禍を経てなお、哲学はどのように存続しうるのか?戦後の倫理学に根本的転回をもたらした"他者"の哲学者が、トーラーやタルムードなどユダヤの伝統に立ち、スピノザ、ヴェイユ、ローゼンツヴァイクほか一連の重要人物を読み解きながら、ユダヤ教思想の現代的意味を模索したもう一つの主著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 悲壮の彼方
  • 2 註解
  • 3 論争
  • 4 開口
  • 5 隔たり
  • 6 いまここで
  • 7 署名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 困難な自由 : 増補版・定本全訳
著作者等 Lévinas, Emmanuel
三浦 直希
合田 正人
L'evinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ コンナンナ ジユウ : ゾウホバン テイホン ゼンヤク
書名別名 Difficile liberte
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 905
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.12
版表示 増補版
ページ数 414, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00905-1
NCID BA88134071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想