知的資本の会計学 : コア・コンテンツ会計と現代ビジネス

大野俊雄 著

現代ビジネスを解明するためには、ファイナンスと会計の知識が不可欠である。この2つの知識があれば、一見したところ複雑に見える現代のおカネの動きも簡単に把握でき、おカネに振り回されることなく、本当の意味でおカネを使いこなすことができる。本書は、このファイナンスと会計のうち、主として会計の視点で、現代ビジネスにおけるおカネの動きを的確に捉えるためのキーポイントを解説するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 企業会計を再考する
  • 第2章 「記録と報告の統合システム」としての会計
  • 第3章 経営者能力の評価と3つのサイクル
  • 第4章 会計の基礎的前提
  • 第5章 貨幣的測定の意味
  • 第6章 企業実体の構造
  • 第7章 モジュール思考と会計システムの再設計
  • 第8章 知識資本主義時代の会計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的資本の会計学 : コア・コンテンツ会計と現代ビジネス
著作者等 大野 俊雄
書名ヨミ チテキ シホン ノ カイケイガク : コア コンテンツ カイケイ ト ゲンダイ ビジネス
書名別名 Intellectual capital accounting

Chiteki shihon no kaikeigaku
シリーズ名 神戸学院大学経営学会研究叢書 第2
出版元 中央経済社
刊行年月 2008.12
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-29020-6
NCID BA88118279
BA88860663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21512477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想