窓を開けなくなった日本人 : 住まい方の変化六〇年

渡辺光雄 著

日本人は夕涼みをいつからしなくなったのか。日本の住まいに縁側を見かけなくなったのはなぜなのか。日本人はスリッパをなぜ多用するのか。ホテルのバスタブはどうして使いにくいのか。日本人の普段の生活のなかで見い出す些細な疑問をつぶさに検証するとき、戦後六〇年の住生活の急激な変化のなかで混乱し、戸惑う今どきのライフスタイルのありようが見えてくる。日本人が何気なく変えてきてしまった住まいと生活のしかたを振り返り、自然を享受する新しい住まいと住生活のかたちを提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サザエさんとブロンディの住生活-日本人の住生活の特徴はどこにあるのか(サザエさんとブロンディの家はどこが違う?
  • 上床のユニークな日本人の生活 ほか)
  • 第2章 激変した戦後住宅の六〇年-住生活を変えたモノの正体(新建材が変えた戦後住宅と暮らし
  • モノに占領された戦後住宅 ほか)
  • 第3章 窓を開けなくなった日本人-起居動作の変化とその問題点(生活のディテールを見る目-谷崎潤一郎に倣って
  • 「夕涼み」をしなくなった日本人 ほか)
  • 第4章 これからのライフスタイルと住空間-住宅と住生活に関する九つ提案(住宅地に関する三つの提案
  • 住生活のためのゾーニング ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 窓を開けなくなった日本人 : 住まい方の変化六〇年
著作者等 渡辺 光雄
書名ヨミ マド オ アケナクナッタ ニホンジン : スマイカタ ノ ヘンカ ロクジュウネン
シリーズ名 百の知恵双書 18
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2008.11
ページ数 166p
大きさ 25cm
ISBN 978-4-540-05003-9
NCID BA88114449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21523334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想