家族心理学 : 家族システムの発達と臨床的援助

中釜洋子, 野末武義, 布柴靖枝, 無藤清子 著

「家族」とは、社会の変動の力を受け続け存在する「システム」である。家族の発達の道筋を整理し、家族の諸問題が生み出されるメカニズムに迫る。著者らが、カップルカウンセリング、家族療法等で見出した臨床知見、問題意識等がふんだんに盛り込まれた、家族援助への示唆に富む一冊。心理学に限らず、家族をとらえる主要な基礎理論、最新の知見をバランスよく体系的にまとめた入門テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 家族とは何か(家族システム理論
  • 家族を理解するための鍵概念)
  • 第2部 家族の発達(独身の若い成人期
  • 結婚による家族の成立期
  • 乳幼児を育てる段階
  • 小学生の子どもとその家族
  • 若者世代とその家族
  • 老年期の家族)
  • 第3部 家族と臨床的諸問題(家族への臨床的アプローチ
  • 夫婦関係の危機と援助
  • 子育てをめぐる問題と援助
  • 家族が経験するストレスと援助
  • 家族の中のコミュニケーション
  • 女性と家族
  • 男性と家族)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族心理学 : 家族システムの発達と臨床的援助
著作者等 中釜 洋子
布柴 靖枝
無藤 清子
野末 武義
書名ヨミ カゾク シンリガク : カゾク システム ノ ハッタツ ト リンショウテキ エンジョ
書名別名 Kazoku shinrigaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2008.12
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18367-4
NCID BA88103318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21528158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想