高齢化社会をどうとらえるか : 医療社会学からのアプローチ

ウィリアム C.コッケルハム 著 ; 中野進 監修 ; 家森幸男, 西村周三, 服部裕之 訳

世界規模での高齢化社会の進展という現実を前に、われわれはどう思考すればよいのだろうか-。本書は、医療社会学の分野での権威とされる著者が、高齢化がもたらすさまざまな問題を具体的かつ平易に概説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高齢化の社会的側面
  • 高齢化の人口統計学-北アメリカ
  • 世界における高齢化の人口統計学
  • 高齢化の社会理論
  • 高齢者の身体的健康
  • 高齢者の精神的健康
  • 高齢者の自我
  • 老人差別、ジェンダー、人種的マイノリティの地位
  • 仕事と退職
  • 社会的勢力としての高齢者
  • 高齢化と各国の社会政策
  • 死と死にゆくこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高齢化社会をどうとらえるか : 医療社会学からのアプローチ
著作者等 Cockerham, William C
中野 進
家森 幸男
服部 裕之
西村 周三
コッケルハム ウィリアム・C.
書名ヨミ コウレイカ シャカイ オ ドウ トラエルカ : イリョウ シャカイガク カラ ノ アプローチ
書名別名 This aging society. (2nd ed.)
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.11
ページ数 313p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05286-8
NCID BA88093010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21523183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想