災害ボランティア論入門

菅磨志保, 山下祐介, 渥美公秀 編

ボランティア論の画期をなす実践的な論考、ついに登場!本書の第1部「理論編」は、そもそも「ボランティアとは何か」を問い直し、その「何か」を答えようという試みである。つづく「実践編」は、「ボランティアとは何か」という問いに対応する実践の内容・成果、さらに「そこから見えつつあるもの」について論じている。最後の「思想編」は、ボランティアを「思想」という側面から捉えることを試みている。1995年から始まる災害ボランティアは、考え、実践し、新しいものを生み出してきた。そして21世紀を迎え、新たな段階に入ろうとしている。ボランティアは「思想」となりうるのかが問われている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 理論編(リスク社会とボランティア
  • 災害ボランティアの論理
  • 災害ボランティア再考)
  • 実践編(災害救援活動の展開
  • 情報とつながり-現場から問題を汲み上げ、ネットワークを作り、恊働を生み出す
  • 復興支援の現在)
  • 思想編(「減災サイクル」と新たな価値の創造
  • 災害ボランティアという思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害ボランティア論入門
著作者等 山下 祐介
渥美 公秀
菅 磨志保
書名ヨミ サイガイ ボランティアロン ニュウモン
シリーズ名 シリーズ災害と社会 5
出版元 弘文堂
刊行年月 2008.12
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-50105-0
NCID BA8808789X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21523980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想