死生学  5

高橋 都;一ノ瀬 正樹【編】

[目次]

  • 1 現代医療・看護の現場(「がんサバイバーシップ」という言葉が意味するもの
  • 出生前検査の意思決定
  • 高齢者と延命治療-「寝たきり老人」と個人の選択をめぐって
  • 生命維持治療の中止と差し控え-「法」の役割は何か
  • 認知症高齢者のよりよい治療決定にむけて-体系的評価を通したコミュニケーションの質の把握
  • 死を迎える者と遺される者のケア-公衆衛生学からのアプローチ)
  • 2 生死の境界線(加害と被害をめぐる生死の境界
  • 医療上の意思決定における主観的確率と客観的確率
  • 患者中心医療における意思決定とその諸問題
  • 精神障害者と殺人の傾向
  • 障害は社会のほうにある
  • 進化生物学から見た殺人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死生学
著作者等 Gillies, Donald
Kellehear, Allan
一ノ瀬 正樹
中村 圭志
会田 薫子
作田 明
児玉 安司
八尋 光秀
吉野 美紀子
宮田 裕章
竹内 聖一
鎌江 伊三夫
長谷川 真理子
高橋 都
書名ヨミ シセイガク
書名別名 医と法をめぐる生死の境界
巻冊次 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.11
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-014125-3
NCID BA88026793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想