寛容なる都 : コンスタンティノープルとイスタンブール

野中恵子 著

すべてが異邦、すべてが祖国。今もトルコに輝き、人々を魅了する、世界屈指の古都の歴史と現在を訪ね、"調和と共生"の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イスタンブールのハレルヤ
  • ローマを超えた新ローマ
  • リトル・ジェノヴァの秘密
  • アヤソフィアと東西の壁
  • コンスタンティノープルとイスタンブールのあいだ
  • 「新ローマ皇帝」誕生
  • 護られたオーソドックス
  • アッラーになったイエス
  • それでも、道は「新ローマ」につづく
  • オリエント発ヴェネツィア行き
  • 貴人の息子が流した涙
  • クリミアからの暗雲
  • ビザンツ・オーソドックスはどこへ
  • ヴァチカン、そしてイスタンブール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寛容なる都 : コンスタンティノープルとイスタンブール
著作者等 野中 恵子
書名ヨミ カンヨウナル ミヤコ : コンスタンティノープル ト イスタンブール
書名別名 Kan'yonaru miyako
出版元 春秋社
刊行年月 2008.11
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-33287-0
NCID BA88025859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21525795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想