拾玉集  上

慈円 原著 ; 石川一, 山本一 著

「おほけなく憂き世の民におほふかなわが立つ杣に墨染の袖」-摂関家に生まれながら早くから山門、比叡山に入り、孤独な修行の裡で自己の心を凝視しつつ、鎮護国家を標榜する天台宗の頂点に立った慈円。「大様は西行がふりなり」と後鳥羽院が評したその和歌は、史論『愚管抄』と共に、中世初期の思想的巨人である彼の信仰とそれを支える世界観、国政への思いなどを探るための宝庫である。広本『拾玉集』五八〇〇首に初めて加えられた詳注により、今その扉は開かれようとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本文
  • 補注
  • 解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拾玉集
著作者等 久保田 淳
山本 一
慈円
石川 一
書名ヨミ シュウギョクシュウ
シリーズ名 和歌文学大系 / 久保田淳 監修 3
巻冊次
出版元 明治書院
刊行年月 2008.12
ページ数 542p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-625-42403-8
NCID BA8802322X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21521110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想