コペルニクス : 地球を動かし天空の美しい秩序へ

O.ギンガリッチ, ジェームズ・マクラクラン 著 ; 林大 訳

ポーランドの片隅で司祭として忙しい毎日をおくるかたわら、わずかな余暇の時間を天文学の研究に費やし、完成した自らの本を死の床で目にする。「すべての中心に太陽がある」-地球を太陽をめぐる惑星にし、1500年にわたって西洋人の思考を支配してきた世界観をひっくりかえしたコペルニクスの評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界を拡張する
  • 第2章 ポーランドで過ごした学校時代
  • 第3章 クラクフの大学で
  • 第4章 イタリアの学者
  • 第5章 飛躍的前進
  • 第6章 大地を揺るがす新理論
  • 第7章 忙しい律修司祭
  • 第8章 回転について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コペルニクス : 地球を動かし天空の美しい秩序へ
著作者等 Gingerich, Owen
MacLachlan, James
MacLachlan, James H
林 大
マクラクラン ジェームズ
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ コペルニクス : チキュウ オ ウゴカシ テンクウ ノ ウツクシイ チツジョ エ
書名別名 Nicolaus Copernicus

Koperunikusu
シリーズ名 Oxford portraits in science / オーウェン・ギンガリッチ 編集代表
オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2008.11
ページ数 165, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44051-1
NCID BA88014921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21519349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想